呼吸する家Ⅱ

Zushi, Japan

2010

site area : 125.13 ㎡

building area : 67.53㎡   

total Floor area : 117.26 ㎡

structure : timber ,2 stories

 

 

photo   

東側外観 片流れ屋根は四方に垂木を張り出し薄く軽快に見せる。

 

photo 

南西隣地より見る。 2階南側に寝室に面するバルコニー、南庭を囲む板塀。 屋根の張り出しは南側1.2m、東西北側0.6mとしている。

phoyo

玄関ポーチから見上げ。 珪藻土塗りの外壁ボリュームに板張りのボリュームが貫入する。

 

photo

玄関ホール。 正面にFIXガラス越しに庭が見える。 室内出入口の右側壁を鏡としている。 庭にクロチク、ソヨゴ、シラン、ヤブラン、ギボウシ、マンリョウを植える。 

 

photo

主室。 正面に台所、右に列柱越しに階段、左は南庭のウッドデッキが見える。

 

photo

主室。 1.5層分の天井高さがあり、2階畳間の地窓が右上に見える。 天井高さ3.6m。

 

photo

南庭レッドシダー製ウッドデッキ。 植栽はイロハモミジ、ヒイラギナンテンなど。

 

photo

階段から列柱越しに主室を見る。

 

photo

階段。 右に浴室テラスが見える。

 

photo

階段から主室を見下ろす。 床はアッシュフローリング、壁は珪藻土塗り。

 

photo

2階浴室。 床、壁タイル貼り、壁、天井ヒノキ張り。 浴室テラス方向を見る。

 

photo          

畳間から階段を見る。


photo

寝室から畳間を見下ろす。

 

photo

2階寝室。 左に掃き出し窓の外にバルコニー、正面はウォークインクローゼット、右に階段、浴室テラス

 

photo

2階寝室。 正面に階段、右側に畳間の内窓

 

photo

2階書斎

 

 

 

 

 

 

 

   

海が近い穏やかな環境をいかに建物に取り込むか。
空気の流れを建物の中でコントロールする。仕上げは自然素材の調湿、消臭、断熱、吸音効果を期待する。そんな室内環境をつくりだすことをこの住宅のテーマとする。
母屋となる片流れの4間角キューブに、下屋である玄関の2間角キューブが貫入する。
母屋の南側1階に主室を配し、階高を1.5層分とる。 2階の床をそこで半層分スキップさせ、それに沿って南上がりの片流れ屋根を架ける。主室には2階和室から使う2坪分の床下収納が入り込んでいる。
半層のズレによって主室と和室、和室と寝室が穏やかな繋がりを生み出す。プランの中心にある階段は各部屋を結ぶ動線であると同時に、各部屋に空気の流れと自然光を導く。そして開口部と建具の開閉により、それを自由に調整する。
母屋の外壁は珪藻土左官仕上げとし、屋根は大きく軒をはね出す。そこから飛び出す洗面カウンター、床の間部分、そして玄関のボリュームはレッドシダー縦羽目張りとする。玄関ポーチまわりにはステンレス板を貼り、境界をあいまいにしている。