Moby Dick

 

Odawara, Japan

2013

site area : 506.09 ㎡

building area : 128.77㎡   

total Floor area : 253.05 ㎡

structure : timber,RC ,3 stories

 

 

photo

道路側北東方向から見る。  

 

photo  

西側ファサード

 

photo

玄関ポーチ 炻器質の割肌タイルの壁と米松羽目板の軒天

 

phoyo

2階台所から食堂、ベランダ方向を見る。 半階上が居間レベルとなる。  

 

photo

炻器質割肌タイルの壁、米松羽目板の天井、チークフローリングの床

 

photo

食堂から台所を見る。 オープンキッチンカウンターの裏にパントリーを構える。

 

photo

ベランダ フォールディングタイプの全開口テラス窓

 

photo

2階食堂 南から西への眺望がひらける。

 

photo

2階への階段踊り場から南側を見る。 上は食堂レベル、下は玄関ホール

 

photo

スキップフロアーの構成。 天井は斜めに連続する。

 

photo

2階台所

 

photo

食堂の夕景 Peroni de Majo のペンダント照明

 

photo

居間は最上階にある。 半階下に台所食堂が見える。

 

photo

寝室 チークの板壁 

 

photo

洗面室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        
   



       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

『mobydick』板橋の呼吸する家

一夜城を小田原から望む南斜面の敷地は、真鶴から箱根方面を見渡せる雄大な展望が得られる。この景色を取り込み、楽しめる住宅を追求した。北側は道路、東側に高い建物があるため、南から西への眺望を最大に得られるように、床レベルは1層から3層まで、東から西へと徐々に重ねる構成とした。 そこに片流れの屋根をかぶせた2世帯住宅である。
半層分の敷地の段差をそのまま床に反映させ、半層ずれたスキップフロアーで構成している。 特に2階階段から台所、食堂、ベランダ、3階の居間にかけては、外の眺望とともに、内部のダイナミックな変化が味わえる。
ベランダ、開口部、3角形の光庭で採光と通風のバランスを考え、四季を通して快適な室内環境が確保できた。 室内を抜ける風、適切に制御された日射、珪藻土の塗り壁、無垢の天井貼りの”呼吸する家” となった。
うねるような外観と大きく開いたベランダのあるこの住宅は大海に漂う白鯨の姿にも見えなくもない。