笹谷の家

 

Fukui, Japan

2014

site area : - ㎡

building area : 63.96 ㎡   

total floor area : 97.43 ㎡

structure : timber 2 stories

 

 

photo

外観 主屋との間にウッドデッキテラスを設け、渡り廊下で内部は行き来ができる。

 

photo

外壁仕上げはガルバリウム鋼板小波張り。 ウッドデッキの上部まで屋根を張り出す。  

 

photo

夕景

 

photo

1階主室。 正面が台所、左手に通用口、畳間、右手に階段、主屋への扉、薪ストーブ  

 

photo

主室の南側は吹抜けで、2階寝室が面している。

 

phoyo  

主室吹抜け見上げ

 

photo

階段下は収納になっている。 壁は凝灰岩の大杉石張り。

 

photo

階段

 

photo

主屋側から主室を見る。 正面の四畳半の畳間は小上がりとなっている。 下部は引き出し収納とする。

photo

ステンドグラス:花田美恵(おひさまの木)

 

photo

2階寝室 ヘッドボードとなる壁は板張り仕上げ

 

photo

階段越しに主屋の屋根が見える。

 

photo

1階畳間から主室を見る。

 

photo

ワークスペース 左奥に通用口が見える。

 

photo

洗面室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        
   



       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

「笹谷の家」 福井・W邸

杉木立と竹薮を背にして、入母屋瓦葺の平屋と切妻2階建て住宅が東西に建ち並ぶ。既存の平屋住宅に渡り廊下で繋がっていた2階建ての部分を取り壊し、新たに2階建て木造住宅を増築し、既存部分の浴室を共有する2世帯住宅となる。
敷地は小高い尾根に上にあり、周囲の田圃を見下ろす長閑な環境であるが、北陸の厳しい冬の季節風を避けるために北西側を閉じ、南東側に大きく建物を開放している。既存住宅側は斜めに建物を切り欠き、そこに屋根のあるベランダをつくる。1階の居間、食堂、台所は南北に連続するひとつづきの空間で、南側を2層吹抜けとして、ベランダに面した大きな窓を開けている。既存住宅のある東側に格子に仕切られたオープン階段を設け、食堂に朝日を取り込む。2階寝室は吹き抜けに面して全面障子窓とし、吹き抜け越しの外の眺め、光と風を調節する。防風林となる杉木立が北側のピクチャーウィンドウに映る。

夏の日差しを遮り、冬の陽光を取り入れる大きな庇は建物全体を包み込む天蓋のイメージで作られ、軒裏の仕上げは2階の寝室まで連続する。外装は耐候性の高いガルバリウム鋼板で強固に包み込むが、内装は珪藻土など自然の柔らかな素材で仕上げた。薪ストーブまわりの壁と床に使った緑色の凝灰岩は隣県小松で取れる大杉石である。

ステンドグラス:花田美恵(おひさまの木)