El sur / 鎌倉清雅堂

Kamakura, Japan

2010

site area : 138.80 ㎡

building area : 65.83㎡   

total Floor area : 132.08 ㎡

structure : timber ,2 stories

 

 

photo

店舗側ファサード ガラス越しに1階から2階に連続する列柱が見える。

 

  

歩道から北東コーナーを見る。

 

 

東側隣地から見る。

 

住居側 南東コーナー見上げ

 

南側隣地より見る。

 

photo

店舗入口夜景 

 

photo

店舗1階 飾り棚の窓越しに住居アプローチ露地が見える。 土間床は大谷石仕上げ

 

photo

1階店舗

 

photo

1階店舗 レジカウンターを見る。

 

photo

店舗正面

 

photo

1階店舗 列柱奥に2階への階段がある。

 

photo                 photo

階段

photo

2階店舗

 

photo

2階店舗 住宅スケールのインテリア

 

住居1階主室

 

photo

主室の右奥に小上がり畳間

 

photo

障子で間仕切り

 

photo

階段

 

photo

2階個室

   

コンパクトな住居と鎚起銅器の店舗

鎌倉大仏で知られる鎌倉の長谷は古くは別荘地で、鎌倉文学館(旧前田利為別荘)、鎌倉市長谷こども会館(旧福島浪蔵邸)など近代建築が残る景観地区となっている。南の海から程よい距離を置き、北に照葉樹林の山を控えた由比ガ浜通りに面した敷地にある。敷地の道路側の北半分を鎚起銅器の店舗、そして南半分にコンパクトな住居を併設した2階建ての建築。ファサードは単純な直方体に開口部にステンレスプレートと木で枠取りをして額縁効果を狙った。店の背景となる階段と2層分を貫くこげ茶の列柱が1、2階の店舗に一体感をもたせる。インテリアは扱う商品に合わせて住宅の部屋のスケールで、食堂、居間、書斎風にあしらった。住居は南庭に面した主室、3畳の和室の小上がり、オープンキッチンと連動する多目的スペース、2つの寝室、花火が見えるバルコニーを2層にまとめている。正面に植えた黒松と紅葉も通りに潤いを与え続け、長谷の景観の一部となる。

・2010.3.28  鎌倉清雅堂 オープンしました。 鎌倉長谷、鎚起銅器の店舗

photo